料金一覧

原盤制作

概要

原盤とは、「マルチトラックでレコーディングしたものを2チャンネルにトラックダウンした最初の有体物」を指し、いわゆるマスターテープのことです。原盤制作とは、「レコーディングからミキシングを経てトラックダウン」までを指します。マスタリングは含まれません。著作権上のレコード製作者は、この原盤制作にかかる費用を負担した者のことです。

料金

録音する曲数と録音する楽器の種類に応じた費用がかかります

スタジオミュージシャンへの演奏依頼は別途費用がかかります

録音する曲数

ミキシング一任の場合

録音する曲数全4曲以下の場合、5分以内の1曲 : 52,500円から(税込)

録音する曲数全5曲以上の場合、5分以内の1曲 : 42,000円から(税込)

※事前ミーティングで打合せ後ディレクターにミキシングを一任して仕上げる方式

ミキシング立会の場合

録音する曲数全4曲以下の場合、5分以内の1曲 : 63,000円から(税込)

録音する曲数全5曲以上の場合、5分以内の1曲 : 52,500円から(税込)

※レコーディングスタジオでのミキシング作業に立ち会いディレクターと共に仕上げる方式

  • 全4曲以下と全5曲以上の金額の違いはボリューム割引。作業内容は同一です。
  • 5分を超える曲は事前ミーティングで制作内容をお伺いし、内容に応じた追加料金を加えて最終お見積を差し上げます(例:1曲48分の曲などでは実質10曲分の作業量になる)。
  • SE曲は録音内容によって1曲分の料金になります。
録音する楽器数

楽器全5種類までの場合、追加費用はありません

楽器全6種類以上の場合、6種類目から1楽器あたり : 追加10,500円から(税込)

  • セッティングやミキシング時の物理的な作業量の増加にかかる料金です(例:3人のバンドと20人のバンドでは、曲数は同じでも録音やミキシングの作業量が大きく異なる)。
  • 録音する曲数に関わらず、上記の金額が一度だけ加算されます。
  • 同種類か別種類かわかりづらい楽器の場合は同一としてお見積してください。事前ミーティングにて詳しくお伺いし最終見積いたします。
  • お客様自身でレコーディングスタジオに持ち込める楽器であり、かつお客様自身でレコーディングスタジオの原状回復が可能な楽器であれば制限はありません。
演奏依頼

実演1楽器1曲 : 21,000円から(税込)

ドラムマシーンプログラム1曲 : 21,000円から(税込)

※スタジオミュージシャンに実演依頼が可能です。

  • 事前ミーティングをふまえ、スタジオミュージシャンの方々の中から、ディレクターが制作内容に最適なミュージシャンを起用します。
  • 曲の長さや録音するトラック数(ギター1本だが3トラック録音するなど)に応じて、追加料金が発生する場合があります。
  • 上記金額には、スタジオミュージシャンの実演料とその実演を録音するためのレコーディングスタジオ代が含まれます。
  • いただいた楽譜通りの演奏(人間が演奏できる範囲内)、またはスタジオミュージシャンに一任しての演奏、どちらも可能です。事前ミーティング時にご連絡ください。
  • スタジオミュージシャンのセッティグ・音作り・録音にかかる時間は、お客様のレコーディング時間及びその料金には含まれません。
  • お客様のレコーディング日と同日のスタジオミュージシャンへのレコーディング依頼が可能ですが、両者の予定が合わない場合は別日録音となります。ご希望であれば、そのレコーディングに立ち会っていただくことができます。
  • 実演家の全ての財産権は、上記金額をもってお客様に譲渡されます。費用全額お支払い後譲渡契約書をお渡しいたします。
納品

トラックダウンした全曲分の楽曲データを収めたCD-R(原盤)1枚

内訳
  • ディレクターとの事前ミーティング [1]
  • レコーディング時のレコーディングスタジオ・ミキサー卓使用代、及びオペレーティング代 [2]
  • ミキシング時のレコーディングスタジオ使用代、及びオペレーティング代 [2]
  • トラックダウン時のレコーディングスタジオ使用代、及びオペレーティング代 [2]
  • 原盤のメディア代(CD-R)と国内ご指定先までの郵送代

[1] ディレクターとレコーディング前ミーティング・スケジューリング調整を行います。

[2] ディレクターまたは同席のオペレーターによるオペレーティングです。

特記
  • 上記内訳以外のものが必要な場合、お客様自身でご用意をお願いします。
    ※編曲。写譜。指揮。カバー曲を収録する際などの原曲の著作権者との交渉・契約手続き。など。
    ※スタジオまでの交通費。機材を持ち込まれる際の機材運搬料。滞在費。当日の飲食代。駐車場代など。
  • 現在レコーディング・ミキシングは東京のレコーディングスタジオでのみ可能です。圏外にお住まいの方はお近くのレコーディングスタジオなどで原盤制作をお願いします。お送りいただいたその原盤(を複製したもの)でマスタリング・CDプレスが可能です。その場合の配送料はご負担ください。
  • スタジオミュージシャンに生演奏依頼し、その実演を使用して原盤を作ることが出来ます。ドラムがいないバンドで生ドラムを用いて原盤を作りたい場合や、1曲だけ生ホーンを使いたい場合などにご利用いただけます。
  • 他のレコーディングスタジオや自宅録音で制作された原盤を持込でマスタリング・CDプレスすることができます。その際の原盤(を複製したもの)の郵送代はご負担ください。
  • 過去に制作した原盤と今回GRIPで新しく制作する原盤を合わせて1つのアルバム作品にする選択肢もあります。新録する曲数でお見積後、事前ミーティングにてディレクターにご連絡ください。(制作済原盤に権利処理の必要がある場合はお客様でお願いします)
備考
  • 20歳未満の方のご注文は保護者の方の承認が必要です。
  • よりスムーズな打合せを行うため、事前ミーティングが始まりましたらまず初めに録音する楽曲のデモ(練習スタジオで一発録音したものやアコースティックギター1本で録音したものなど)お聴かせください。
  • レコーディングスタジオは、制作内容をお伺いした上で最適なものをご提案いたします。
  • レコーディングスタジオへのアンプ・機材の持ち込みは、お客様自身でレコーディングスタジオに持ち込める楽器であり、かつお客様自身でレコーディングスタジオの原状回復ができる範囲内で可能です。
  • 一発撮り・個別録音どちらが良いかわからない場合、ディレクターが最適な方をご提案いたします。
  • 事前ミーティングにて制作内容をお伺いし、最適なレコーディング時間を提示いたします(はじめてレコーディングされる方には余裕をもたせた時間設定など)。その時間をもって最終のお見積もりを差し上げます。当日お客様の都合により(上手く弾けず撮り直しが続くなど)時間超過された場合追加料金が発生します。
  • レコーディングスタジオでのセッティングや音作りもレコーディング時間に含まれます。
  • ミキシングは、全ての曲の全てのパートを録音した後の開始となります。
  • トラックダウン前のマルチトラック状態のデータはお渡ししていません。
  • 事前ミーティングで決定したレコーディング内容・スケジュール、及び最終的なお見積を記載した制作契約書をレコーディング前にお渡しいたしますので、安心してレコーディングいただけます。
解約 定義

「 注文そのものを取り下げること 」 及び 「 決定したレコーディング日を変更すること 」 を指します。

料金

レコーディング日前日から起算してさかのぼって30日以前のキャンセル

キャンセル料は発生しません

レコーディング日前日から起算してさかのぼって29日前~14日前のキャンセル

見積書に記載金額の半額

レコーディング日前日から起算してさかのぼって13日前~当日のキャンセル

見積書に記載金額の全額

備考
  • 不慮の事態により当日メンバー1名がレコーディングできなくなったが残りのメンバーは予定通りレコーディングする、というような場合はキャンセルにあたりません。別途、その1名の方の再スケジュールと追加見積を差し上げます。
  • お客様のキャンセルにより生じたレコーディングスタジオへのキャンセル料支払いなどは、お預かりしている半金よりGRIPが支払います。その後お客様よりGRIPへキャンセル料金をお支払いいただいた後、工程再開となります。